'96年3月 週刊AERA 『ドラクエ』をつかさどる孤独な神様。堀井雄二



週刊アエラ 1996年3月18日号

現代の肖像 ゲームデザイナー 堀井雄二



一般週刊誌に掲載された記事だが、堀井雄二のパーソナリティに肉薄した素晴らしい内容なので、DQファンは絶対に目を通して頂きたい。

記事は『ネトゲ廃人』などの著作もあるフリージャーナリストの芦崎治によるもの。転載にあたってわずかに要約し、読みやすさを考慮して改行および区切り線を加えた。



続きを読む
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

制作者の発言で振り返る『ドラゴンクエスト2への道』






当エントリーでは、堀井雄二、中村光一ら制作者の発言を引用し、「ドラゴンクエストII」の制作過程のエピソードを紹介する。特に中村光一にとってドラクエIIは不満が残る出来であったらしく。開発時間が足りず、チュンソフト内で軋轢が生じ、相当なプレッシャーの中で制作され、発売から十数年後に行われたインタビューでも「いまだに夢に見る」と、苦悩の跡が伺える発言をしている。

一方「ドラゴンクエストII」は難易度の高さが度々話題になるが、ナンバリングの中では特に印象に残っているタイトルとして、今も根強い人気を誇っている。制作者にとって不満が残るゲームが、今だに多くのプレーヤーのを惹きつけているのは何とも皮肉な話である。

中村をはじめとする制作者の苦闘を通して、今一度、「ドラゴンクエストII」という傑作ゲームを異なる視点から眺めて頂ければ幸いである。



続きを読む
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

もうひとつのドラゴンクエスト2 没イベント再現画像




ファミコン版のドラゴンクエストIIは、当初の構想で予定されていた多数のイベントが、ハードウェアの制約のために削られてしまいましたが、後に刊行された関連書籍や雑誌記事で、削除されたイベントや設定の一部が明かされています。当エントリーでは、その情報に基づき再現画像を作成しました。ファミコン版のドラゴンクエストIIに思い入れがある方なら楽しんで頂けると思います。

それでは「もうひとつのドラゴンクエストII」をご覧ください。




続きを読む
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

'96年4月 ゲーム批評 堀井雄二 今だから語れるドラゴンクエスト




ゲーム批評 Vol.8(1996年4月号) 堀井雄二 今だから語れるドラゴンクエスト


「広告を一切掲載しない」という方針で異彩を放っていたゲーム雑誌『ゲーム批評』。大手ゲームメーカーのソフトであっても、完成度が低ければ容赦なく批判を加えるなど、独自の編集方針を貫いていた。創刊当初はスーパファミコン末期から次世代機に移行する時期であり、プレーヤーが“演る”のではなく“観る”方向に軸足を移していた、いわゆる「ムービーゲーム」に批判的であり、あの「ファイナルファンタジーVI」に対してもNOを突きつけ、「RPGとは何か」という問題提起を読者に示していたと思う。

これは、ドラゴンクエストVIの発売から約5ヶ月後に掲載されたインタビュー記事である。ドラクエVIの発売直後はプレーヤーからの批判的な意見が多く、それに対して堀井が辛辣な反論を試みているのが面白い。他にも、堀井雄二のドラクエ・RPG観、映画や小説とゲームの違い、過去のタイトルの総括、ドラクエVIの味わい方など、ファンであったらとても興味深い内容が語られている。いずれもドラゴンクエストの創作背景を考察するにあたって非常に重要だと思うので、要約ではなく全文を転載する。

なお、このインタビュー記事には、ストーリーの“当初の構想”(裏設定ではない)が含まれており、ストーリー考察ブログでも一部が引用されている。このエントリーにおいても注意書きを付した上で引用するが、管理人の希望としては、ストーリーの部分よりも、堀井の創作背景に注目して頂きたい。

文章内の下線強調表記は全て管理人によるもの。また、読みやすさを考慮して、適宜改行を加えた。



続きを読む
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)