ドラゴンクエストのプロデューサー 千田幸信の功績




すぎやまこういち 僕はいつも思うんですけれども、プロデューサーという仕事をやっていらして、精神的に裏方に徹するという部分はやっぱり素晴らしいことだし、それがある意味、ドラゴンクエストの成功の一因だと思います。
千田幸信 “プロデューサー”という響きが、カタカナでなんとなくかっこよさそうな仕事に見えますから、表に出たがる人も多いんじゃないかと思うんですよ。僕自身はプロデューサーという言葉よりも単なる“担当者”というのが最適じゃないかと思ってますけどね。
すぎやま そこが大成功の一因だという感じがしますね。


「すぎやまこういちのゲーム漂流記 第20回 千田幸信」『The スーパーファミコン』1992年10月2日号




ドラゴンクエストの制作者といえば大抵の人は堀井雄二・鳥山明・すぎやまこういちの名前を挙げるだろうし、初代から30年近い歳月を経た今となっても、シリーズ最新作では彼らの名前が真っ先にクレジットに記載される。また、シリーズ初期のプログラマー・ディレクターであった中村光一の名も挙げられることが多い(中村は『V』まで制作に関わる)。この四人が中心となって作られたからこそ、ドラゴンクエストは大ヒット作として歴史に残るソフトに成り得たというのが一般的な見解である。


だが、プロデューサーとして重要な役割を担っていた千田幸信氏を評価する声は極めて少ない。販売元であるエニックス側の社員として、堀井・中村・すぎやまといった才能あふれる人材を結びつけ、彼らの活動を後押しし、ゲームの方向付けにも積極的に関わっていた千田の存在は「ドラゴンクエストの父」としての評価が与えられてもいいのではないだろうか。


当エントリーでは、千田の果たした役割について触れられた書籍及びインタビュー記事等を参照し、ドラゴンクエストにおける千田の功績について取り上げる。続きを読む
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)