固定表示スペース

お知らせなどをブログのトップページに表示できます。
以下、サンプルの文章です。当テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


堀井雄二エッセイ 学校では教えてくれないこと






サンデー毎日臨時創刊
著名人29人の「わたしが受験生だったころ」

2010年3月19日発行


漫画家やスポーツ選手、また小池百合子氏と並んで、堀井雄二氏が「ドラゴンクエスト 作者」として、自らの幼少期から大学生活を経て、ゲーム制作者となるまでの想い出を寄稿している。

ゲームの内容は控えめに語っているが、氏のルーツやゲーム観、そして「ドラゴンクエスト」というゲームを通して、プレイヤーに伝えたかった事が披瀝されている希少なエッセイなので、当ブログを再開するにあたって、是非ともご紹介したい。

あなたは、ドラゴンクエストから、何を学びましたか?


続きを読む
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

エニックス ゲーム・ホビープログラムコンテスト(後編)  そして伝説へ…








前編 (http://dragonquestage.blog.fc2.com/blog-entry-90.html
中編 (http://dragonquestage.blog.fc2.com/blog-entry-91.html


堀井雄二、中村光一、森田和郎、芸夢狂人。

当時のパソコンゲームの逸材が一同に集った。
コンテストで集められた若き才能たちは、エニックスのもとで新たなゲームソフトを開発し、世に送り出していく。
だが、ハードウェアの進化は著しく、ユーザーに求められるゲームも移り変わっていた。


そして彼らは、新たな旅立ちの時を迎える。



続きを読む
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

エニックス ゲーム・ホビープログラムコンテスト(中編) 導かれし者たち







(前編 http://dragonquestage.blog.fc2.com/blog-entry-90.html


エニックスの歩みと堀井雄二の受賞経緯に続き、今回はゲーム・ホビープログラムコンテストで入選した3人の人物を取り上げる。
後にチュンソフトを設立し、堀井雄二とともにドラゴンクエストの制作を手掛ける中村光一、最強将棋ソフトのプログラマーとして名高い森田和郎、そして当時のパソコン少年に絶大なる影響を与えた人物について。


エニックスの挑戦を受け、スタープログラマーたちは立ち上がった。



続きを読む
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

エニックス ゲーム・ホビープログラムコンテスト(前編) 全てはここから始まった





あなたは、ニュースター第1号

今やアメリカでは、ベストセラー・ゲームを
プログラムした“若きソフトウェアのニュースターたち”が
続々と誕生し、印税だけで巨万の富を得ている。
彼らは、人気ロック歌手と同様にファンを引付け、
若者たちの憧れの的になっている。
日本のコンピューター・ゲーム界も同じような
現象が起きる。あなたがプログラムしたゲームが、
あなたの名前と共に、日本中を魅了することになるのだ。

さあ、その第1号。
このコンテストに全力で賭けてみないか。

賞金総額300万円
最優秀プログラム賞……100万円(1名)
優秀プログラム賞……50万円(2名)
入選プログラム賞……10万円(10名)


募集期限=昭和57年12月20日
募集内容
a)ゲームホビーに限ります。
b)作品は、新聞雑誌に未発表で販売流通していないオリジナルに限ります。
c)使用機種は、パソコン・マイコンと呼ばれているものすべてOKです。
応募方法
a)個人、グル―プどちらでもけっこうです。
b)所定の申し込み書と、プログラムが入っているテープ又はディスケットを添えて、お送りください。
尚、申し込み書は主なマイコンショップ店頭で
または、下記へハガキもしくは電話でご請求ください。
〒160 東京都新宿区西新宿7-15-10 電話03(366)4251(代)
(株)エニックス プログラムコンテスト事務局(高野・千田まで)
c)応募作品の著作権は当社の帰属となりますが、当社規定に従い印税をお支払いいたします。
発表
a)昭和58年1月15日 朝日新聞紙上
b)昭和58年2月1日以降に発売される主なマイコン専門誌上。
c)主なマイコンショップ店頭
※入賞者には直接通知いたします。

主催=(株)エニックス




当時のパソコン業界では全く名が知られていなかった新興企業・エニックスが主催したこのコンテストは、のちにドラゴンクエストの中核となる人材である堀井雄二、中村光一の両名を発掘するという見事な成果を収める。
それのみならず、このコンテストはコンピューター・ゲームの制作者を尊重するという点において、日本のコンピューター・ゲームの発展に多大なる影響を与えた。
当エントリーではこの『エニックス ゲーム・ホビープログラムコンテスト』を参照し、ドラゴンクエストに至るまでのエニックスの歩みとコンテストの入賞者たちに焦点を当てて、その功績を振り返る。



続きを読む
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

水晶のドラゴンクエスト ~ または「あぶないみずぎ」に関する一考察






1986年12月、当時はまだ新興のゲームソフトメーカーであったスクウェアから「日本初のアニメーションアドベンチャーゲーム」と銘打たれたファミリーコンピュータ・ディスクシステム用のソフトが世に送り出された。


当時のスクウェアの技術を結集したソフトであったにも関わらず、発売後の評価は芳しくなく、SFを基調としたストーリーも、「水晶の龍」が何を意味するかも、そして「シンシア」がどういう存在なのかもさっぱり知られていないが、ゲーム雑誌の記事によってゲーム内では発生しない偽情報が広まり、「犯人はヤス」と並んで、プレイしたことがない人にも特定のネタだけは知られているゲームである。


このクソゲー不遇の作品に関して調査研究を重ねた結果、ドラゴンクエストとの意外な接点が明らかになった。


水晶の龍


水晶のドラゴン


そして、ロリコン



続きを読む
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)